観光の多様化

海外の観光で資金はどうするべきか

国内のみならず、海外へ観光に行く場合には多額の費用がかかるものです。
特に海外旅行は通常、必要な現金を持ち出し、現地で通貨を両替するといった方法が一般的です。
しかし、海外旅行で多額の現金を持ち歩くのはセキュリティ上、リスクが高く、スリなどの盗難の危険性があります。
では、現地での安全な資金調達はどのように行うのが最善でしょうか。
安全な資金調達の手段としては、国際キャッシュカードやクレジットカードの海外キャッシング機能があり、どちらも安全性では非常に有利です。
国際キャッシュカードは、海外での利用の場合、手数料が為替レートによって異なるが、比較的安い傾向にあり、クレジットカードが作れない場合でも利用できます。
しかし、ATM台数が限られており、発展途上国などではなかなか利用できにくい傾向にあります。
反面、クレジットカードは世界共通のカード会社のブランドが使えることが多く、そのブランドの対応国が多いです。
また、カード一枚で現金の引き出しや買い物ができるので海外旅行時は必須ともなることでしょう。
但し、手数料が全体的に高く、借金であるため帰国後、返済の必要が生じます。
しかし、どちらも暗証番号が振られており、万一、盗難や紛失にあった場合でも現地からの電話で利用停止の申請ができるので安全です。

観光の楽しみ方の多様化

観光という言葉から想像できるのは、大型バスで団体行動、ツアーなどのパッケージ商品に参加、旅行代理店で情報を聞いて申し込む、というのが従来からの流れでしたが、幅広い世代で最近は体験型の観光に注目が集まっています。
そのようなニーズに応えるために、インターネットの旅行サイトなどでは旅行先で楽しめる体験で人気のあるものを紹介して、個人が申し込みできる環境を整えつつあります。
従来型のツアーは全てお任せで団体割引があるので料金も安く、予約をしてしまえばあとはスケジュールにあわせて行動できるので旅行日程が限られていたり、そのほうが安心という方にはお勧めです。
それに対し体験型観光については、今までそのような情報が個人や運営会社のサイトで個別に発信されていて情報を得にくい、比較ができない、など探すのも大変でしたが、旅行サイトでまとめて発信されることにより、個人で旅行プランを作成するのにとても便利になってきています。
例えば個人で海岸を歩ける乗馬プランを北海道で探す、などニッチな情報も探しやすくなっているため、これから個人で交通手段、宿泊、その土地でやりたい体験も含めた旅行をする人が増えていくかもしれません。