観光の経済効果

観光は「都市と地方」両者にとって「経済効果」が魅力

観光地には、そこでしか味わえない、様々な魅力があります。
「温泉、ご当地グルメ、景色、建物」、一見こういったものに「経済効果」が見込めないかもしれませんが、人は「都市に足りないもの」を無意識に求めるものです。
皆が収入を巡らせることによって、観光地に仕事が増え、「昔ながらの良さ」が守られ続けるのです。
一度でもこういった「良いところ」に行ったことがある人は、「変わってほしくない、無くしたくない」と思うもの。
人口が密集するという現象は、仕事はし易いが「のびのび」できないという点を含みますので、ゆったりできる場所を選んで、定期的に行くのが良いです。
それは、地方が「良き場所を守る」ことを意識する必要があることも示し、旅をする中で、現地の交流は、ずっと重要な意味を持ちます。
食糧も「広い土地」が無ければできませんし、経済社会の基盤自体が「観光」を視野に入れるべきと語るのです。
場所にとらわれない多様性を包含した発展、それがこれからの未来に必要なものなのです。

観光の経済効果を考える

観光の経済効果を考えるのは大変素晴らしい事です。
今後、日本は益々少子高齢化が益々進んでいく社会です。
このような中外国人の観光客を積極的に誘致して経済の活性化に繋げていこうという考え方が盛んに提唱されています。
この動きは、別段海外の観光客のみならず国内の動きも活性化させます。
今後は多くの方の動きを誘うような効果的なキャンペーンや施策が大変重要となってきます。
日本には京都等に代表されるような歴史的遺産や北海道や沖縄等の豊富な自然資源を豊富に有しています。
是非、自分達の国土に高い誇りを持って外国人の方を積極的に誘致したり、自分達の国を深く知る為に旅行等を行いましょう。
経済効果は多くの分野に及びます。
交通等のインフラを始め、各種産業全体に等しく波及しますので、是非、自分の国の活性化の為に、自分自身でできる事を考えていきましょう。
一人ひとりがPR役との認識の中、国際交流に勤めるのも良い方法かもしれませんん。

check

横浜 水漏れ

最終更新日:2017/10/11